27
- 7月
2017
Posted By : apollyonrising
ゼニカルはすべての人が服用できる薬剤なのか はコメントを受け付けていません。
ゼニカルはすべての人が服用できる薬剤なのか

ゼニカルは肥満を改善してくれることに役立つ医薬品となっています。
医師からの処方や個人輸入という形で手に入れることができるのですが、中には服用をしないほうが良い方というのもいらっしゃるのです。
今回は、そんな服用を控えたほうが良いケースについて触れていきたいと思います。

妊産婦の服用について

女性の方ということになりますが、妊娠期間中であるもしくは産褥期・授乳中であるという場合です。
ゼニカルを服用することによって胎児や母乳から乳児に影響が出てしまうという事が危惧されているのです。
リスクを考えた時、ゼニカルを服用するという選択肢は賢明ではないという認識を持っておきましょう。

胆石症や肝臓・腎臓に障害がある方

ゼニカルの副作用の1つとして胆石症や腎臓・肝臓への障害が考えられています。
稀なケースとは言え重篤な副作用項目になっているのです。
ですので、これらの障害を持っているもしくは疾病にかかった歴があるという場合には服用は避けたほうが安心でしょう。

アレルギーの方へ

アレルギーに関してはすべての方が服用厳禁というわけではありません。
どのようなアレルギーを持っているかによって変わってくるでしょう。
もし、ゼニカル成分にアレルギー症状があるという場合には服用を避けていただけたらと思います。
自らがアレルギーを持っているかどうかが分からないという場合には、服用前に検査をしておくと安心でしょう。

ゼニカル服用の適応について

今回は服用を避けたほうが良いという視点で見ていきました。
自己判断ではなく、診察段階で十分に情報を医師に伝えるという事もまた大切なアプローチです。
個人輸入でと検討をされている方に関してはしっかりとこれらの部分について認識をしておきましょう。

関連する記事

Category: