28
- 7月
2017
Posted By : apollyonrising
ゼニカルを服用するうえでの副作用はあるのか はコメントを受け付けていません。
ゼニカルを服用するうえでの副作用はあるのか

ゼニカルを服用したいと考えている方もいらっしゃるかと思います。
肥満を解消してくれる効果を期待できる薬剤で、比較的に副作用は緩やかであるともされているのですが、やはり医薬品ですからある程度の副作用のガイドラインというものが用意されているのです。
そこで今回は、ゼニカルの副作用について考えていきましょう。

軽度な副作用について

比較的に軽度とされているのが腸に関する副作用です。
どのようなものかといえば以下のようなものになります。
・お腹が緩くなる
・便に油分が混じる
・おならの回数が増える
・急な便意に見舞われる
・便の失禁
などといったものです。
とはいえ、服用を続けている限りこれら諸症状が出るというのではなく1か月程度でそれらが軽減されると考えられています。
万が一、失禁などで生活に支障が出てしまうという場合には医師や薬剤師に相談をしましょう。

重篤とされる副作用について

ごく稀なケースではありますが、重篤な副作用というものも考えられています。
それが以下のようなものになります。
・肝障害(手足のだるさや皮膚が黄色くなる)
・腎臓障害(手足のむくみや血尿)
・胆石症(激しい腹痛や吐き気)
・膵炎や血便が出るまたはアレルギー症状

原則的に用法用量を守っていただくことでこのような症状は出ないとされていますが万が一出るようなことがあれば直ちに医師に診察を仰ぐようにしてください。

副作用についての認識

ゼニカルを服用する上において、こうした副作用に対する認識を持ち納得をしたうえで取り入れていくという事が大切であるともいえるのです。
これら詳しい解説はインターネットなどでも閲覧することが可能ですので、服用を検討されている方は1度チェックをしておくとよいでしょう。

関連する記事

Category: